afternoon life

妻は人格障害。でも僕は幸せになりたい。悩み多き人生ですが、残りの半生を楽しく意義あるものにしたいと考えています。

買うタイミングを分散してみる

天秤のハザマです。

日経平均が-974.13、NYダウが-424.69と派手に値下がりしたために、つみたてNISAから投信を始めた人にとっては不安を感じている人もいるかもしれません。

でもまだまだ過去の株価の変動からすると序の口のようです。

rizumunet.blog.jp

ところで、投信工房ではつみたてNISAを買う際、各銘柄毎に月に1度しか設定できません。

style.nikkei.com

投信ブロガーさんの間では毎日買った方が良いとか、月一でも大差ないよ?とか、色々とそれぞれ考え方があるようですが、僕自身はつみたてNISAになる前は毎週買いでした。

 毎日だと確かにその日の上げ下げなど気にならないメリットがありますし、月一なら月々の積立額が一定などのメリットがあるのでしょう。

僕が毎週にしていたのは、程よく基準価額の上げ下げを気にしたいから。そして、安値で買えたらささやかな幸福感に浸れるから。

もちろんデメリットもあります。それは”ほったらかし”ができる境地になるまで時間を要すること。

でもつみたてNISAになったとたん、投信工房では週一買いが出来なくなってしまいました。

 

そこで僕がとった手段ですが、買うタイミングを全部同じ日にするのではなく、少しずらしています。例えば同じ先進国株のたわら先進国株式とifree S&P500や楽天米国株式を買い付けるのであれば、同じ日に買わず、2週間位ずらしています。

まぁ、そんなの大して意味ないよ、とか、基準価額の上げ下げを気にしてどうする?とか、おっしゃる方もいるかもしれませんけど、良いのです。

暴落しても気がまぎれれば。

 

資産が減ればだれでも焦ります。

でも気を紛らわせることも、長く続けるコツかもしれません。