afternoon life

悩み多き人生ですが、残りの半生を楽しく意義あるものにしたいと思い、綴っていきます。

キャンプギア 設営編

ちょっと前にキャンプギアについて書いてみたのですが、数が増えると収集がつかなくなりそうなので、幾つかに記事を分けたいと思います。アイテムが増えたら追記していきます。参考になれば幸いです。

まずは設営編から。

コールマン ウェザーマスター4S T.P.クレスト

独創的で格好いい!と思って、ほぼ見た目で買いました。

このテントに関する見させていただいたブログの中で、ペグの本数が足りないという指摘があったのですが、僕が購入した際には全40本揃っていました。グランドシートは付属しています。

設営については結構面倒です。決して楽ではありません。初心者が買っちゃダメなタイプです。それに何しろ重い。。。

グランドシートからペグを打っていくわけですが、グランドシートを広げたときからいきなり悩みます。ロゴがある方が前方と書いてあるのですが、全く目立たないので、どこ?と。

これはフライシートにも言えることで、向きが左右対称とはいえ、どっちが前後なのかで悩むと思います。

さらにペグは最初から全部打って良いわけではありません。4ヶ所わざわざインナーテント用に残すか、仮打ちの状態にしなければなりません。かといって、その4ヶ所を分かりやすいように色分けされているわけでもなく、しっかり設営前に取説を読んで頭に入れていないと、インナーテントをどこに引っ掛けるのか悩むと思います。取説を見ながら組み立てても良いですが、そんなに親切な説明書ではないので、組立ながらというのはキャンプに慣れた人でも難しいかもしれません。

それと恐らくこのテントは一人で建てることは出来ません。中でセンターポールを支える人が必ず要るのではないかと思います。

使用した感想ですが、前室は少し狭いと感じると思います。前室だけでゆったり過ごすというのは、もしテーブルなどを置いた場合、2~3人が限度じゃないかな~と。

解放感を求める人にもあまり向いていないかもしれませんね。

それと当然ですが、センターポールがありますので、寝室に出入りする際はかなり邪魔に感じると思います。インナーテントにはランタンをひっかけることが出来るので、便利です。センターポールには引っ掛ける場所が無いので、必要であれば、ランタンハンガーを準備する必要があります。

TPテントだけにペグの本数が多いですが、冬以外に使用するならスカートをペグ打ちする必要は無いと思います。室内は外と比較して、結構暖かく感じます。ちなみにですが、スカート部に関しては手で入れられるように、100均で短いペグを買いなおしました。

 

ハイランダー テント用シルバーインナーマット 260×260cm 専用ケース付き

地面からの冷気を遮るために導入。インナーテントに敷いています。嫁にT.Pクレストのインナーに合わせてカットしてもらった結果、若干余りがでました。ただ後から考えると、100均で買うのと比較してどうなんだろう?という疑問が少々ありますね。両面ともアルミが貼ってありますが、コスパが良いかどうかは判断が付きかねるところです。

バッグがつきますが、バッグもかなりでっかいので、コンパクトに収めたい人には不向きなアイテムです。これ単体で使用したことが無いので使用感については書けません。

 

ロゴス プレミアム インナーマット・リビングプラス-AE用

本来は「プレミアム PANELリビングプラス-AE専用インナーマット」用の物ですが、T.Pクレスト用に買いました。ちゃんとCAD(フリーソフトDraftSight使用)で書いて、合うかどうかを確認してからの購入ですので、それだけで満足感高いです。

先に書いた、ハイランダーの銀マットの上に載せて使用しているので、これ単体で使用したことが無いので使用感については書けません。

2個組み合わせた条件のみで書くと、秋(外気温10度程度)なら全く地面からの冷気は感じません。 

 

ロゴス ペグハンマー

次のキャリーケースも含め、以前書いたレビューのマルコピです。すみません。。

スノーピークのハンマーを借りたときに、良いなコレと思って、買ったものです。なぜロゴスにしたかというと、先端が鉄だから長持ちするかなと思ったのですが、スノーピークのハンマーを使用した時の感覚とはちょっと違いますね。

ハンマーを振るときの、程よい重心の移動とか、叩いたときの芯がずれない感じとか、表現が伝わりにくいかもしれませんが、端的に言うと、スノーピークの方が、自分はしっくりきました。

ただ、どちらにしても高いですよね。。。たかがハンマーですよ。

ロゴスのハンマーも軽く4千円以上しますけど。あまり金をかけるべきところではない気がしますが、ペグを抜くのは楽になりました。

 

ロゴス ペグハンマーキャリーケース

見た目高級感は無いです。生地も薄っぺらいですし、底板もありません。素材は良いものらしいのですが、値段を見て、無いな~と思ったら、100均で安いバッグを買った方が良いかもしれません。

 

 ホールアース フォールディング ナチュラルウッドテーブル

檜で出来た折りたたみ式テーブルです。国産ひのき製による日本製をアピールしているわけですが、品質は残念ながら良くありません。何と言っても最初注文した時は、開けてびっくり。テーブルの脚がついていませんでした。しかも商品の引き取り交換をお願いするのに、電話代が有料(福岡⇔東京)という。。。本当最悪です。

 

tenbin-no-hazama.hatenablog.com

 

で、肝心の製品ですが、結構ささくれが多くて、値段の割に雑な作りです。日本製を売りにしている意味が全く分かりません。

ちゃんと脚がついたテーブルが届いた後、すのこの板を一枚一枚紙やすりで砥ぎ、ニスを塗りました。また、耐荷重が箱のどこかに書いてあったのですが、10kgしかありません。オークの木を注文して補強しました。だって、10kgって言ったら静荷重だとしても、コンロとか食材とか色々載せて、その上誰かが肘でも付いたらあっという間に超えてしまいますからね。

それと足に滑り止めのゴムをねじ固定しました。地べたの上に置くので、汚れ防止、腐食防止のためです。ねじは1本しか付属していないので、手持ちのねじをインパクトで固定しました。

item.woodpro21.com

 個人的には値段は高めですし、後から色々と手を加えて更にお金がかかってしまっていいますが、檜なのでやっぱり見た目が良く、何だかんだ満足感は高いです。ただ、折りたたんでも結構でっかいので、車種によっては載らないかもしれません。キャプテンスタッグのトートバッグ(M)ですっぽり収まります。

 

 コンフォートマスター3ウェイキャンバスデッキチェア

 値段が張るだけあって、座り心地絶品です。椅子に関しては絶対座り心地を優先したいと思って、snowpeakやロゴス、好日山荘などに行って座りまくりましたが、個人的にはこいつが一番でした。ただし、折り畳みの状態からひじ掛けをセットするのには、結構コツがいるようで、嫁が初めて組んだ時は中のバネがとれてしまいました。

 

ロゴス 丸洗いデザインセンタージップシュラフ・-2(プランツ)

肩を覆えるというのが売りなのですが、肩から冷気が入らないというわけではありません。肩口もジッパーがあればよかったのでしょうけど、無いので、やっぱり冷気は入ってきます。フリースを着たうえで、-2度まで耐えられるとスペック上はなっていますが、実際は10度くらいが限界だと思います。快適に寝るなら15度位でしょうか。

これは人によって暑がり寒がりなど違いがあるところだと思うので、一概には言えないとは思うのですが、記載されたスペックを信じる過ぎると痛い目にあうかもしれません。

収納は結構大きめですし、撤収時に折りたたむのも慣れないと大変かもしれません。大人用にはコンプレッションベルトが無いので、購入されることをお勧めします。(kid's用には付属されていて便利です)1mの長さの物を買いましたが、少し短く感じるので、もう少し長めがいいと思います。

 

DOD わがやのシュラフ 4人家族用寝袋 S4-511

冬キャンプ用に買ったのですが、まだ出番がありません。そのうち追記します。しばしお待ちを。。。

 

Hayder インナーシーツ シュラフ

こちらも以前レビューした記事マルコピです。

amazonで購入したインナーシュラフです。シュラフの薄っぺらい生地ではなく、結構しっかりしているのと、フリース素材ということもあり、かなり暖かく感じます。お手持ちのシュラフじゃ少し寒い!という方には結構おすすめ。色も種類が豊富なので、家族ごとに分けても良いかもですね。